SYMBIOSEについて

What is SYMBIOSE ?

シンビオスってなあに?

SYMBIOSEは中国の特定の地域にのみに生息する、最小種の鹿「キョン」の美容にも効果が認められた皮を 「シンビオス」 として提供しています。

天然コラーゲンを多く含むシンビオスは 洗顔料等の泡を15ナノメートル( 10,000 分の15ミリ) にまで細かくし、皮膚の深層部まで洗い出しますが、自然の特性により お肌の潤いに必要な皮脂は残します。

美白・肌荒れ・ニキビ等に効果があり、また使用するほど特性が向上するという天然素材の特性も備えています。

Simbiose Story

ストーリー

=共生=

SYMBIOSEはフランス語で「共生」という意味です。中国・魏の時代である約1800年前から宝物として扱われるキョンセームは、その中でも特定の赤土地帯で育つキョンのみがSYMBIOSEの効果を発揮します。世界最小種の鹿(キョン)の皮です。数が増えすぎると田畑を荒らしてしまう鹿たちを間引きしながら、またその皮を大切に利用しながら、人間と共に今日まで種を守ってきました。そしてSYMBIOSEに使用されるキョンセームも、年間に間引かれる一定数しか製造できず、非常に貴重な皮として日本でも重用されています。

=ずっと活きる効果=

SYMBIOSEの機能のひとつである殺菌の効果は、漉す事で水に含まれる多数の細菌や大腸菌をも殺菌します。 これは、漉すという漢字に鹿という字が含まれる語源となっています。更に、漉された菌はキョンセーム自体の能力で殺菌され、常に綺麗な状態を保つのも特徴です。約三ヶ月ぐらいで皮は消耗して徐々に薄くなっていきますが何度使ってもその能力は衰える事なく継続します。

 

Production

シンビオスができるまで

毛皮剥ぎ
毛皮の部分を一枚づつ、手作業で 
はぎ取っていきます。      

干し

約2ヶ月間という期間、丁寧に干された皮は、本来の皮の色である黄色から肌色へと色を変えていきます。

分割と選別
毛皮を剥いだキョンセームの表面と裏面を薄く剥ぎ、残った内側の部分だけがキョンセームとして機能します。               

完成
その他、磨きや検品の工程を経て、選ばれた皮のみを製品として出荷していきます。          

Make

特別なシンビオス

キョンセームのみならず皮革を柔製(ナメシ)するときの使用薬品の中で、人体に悪影響を与えるもので一番問題になるのはホルムアルデヒド(水溶性ホルマリン)です。スキンケア用キョンセームは人間の肌に直接使用する為ホルムアルデヒドを使用しない新しいナメシ処方で製造していますのでこの問題は完無です。この新しいナメシ処方は「タイトネスドレス処方」と命名され特徴はなめし作業により広げられた繊維細胞密度を再度細かくする処方です。

生産工場

株式会社 春日

株式会社春日は、奈良県で60年以上つづく会社です。日本唯一の毛皮・鹿皮の産地として、ただただ本物、本当の事を消費者の皆様に理解頂く為、努力してきました。古来から伝わる技術・処方を元に最新の技術、また 当社のみの処方を駆使し、最新の機械設備で毛皮・鹿皮に関する全てを行います。